お問い合わせ/資料請求

注文住宅

家づくりへのこだわり

フォーライフの注文住宅は、省エネルギー性や
耐久性・耐震性をはじめとする検査項目で高い水準を実現しており、
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」で定められている
「長期優良住宅」に対応しています。

1

全棟構造
計算実施

全棟で耐性・剛性の
検証を実施

フォーライフでは、設計施工した案件すべてにおいて構造計算を行っています。構造計算とは、住宅の強度や耐久性を、専門的な計算により求めるもの。地震、台風、積雪といった自然災害時による荷重を受けた際に、データとして耐性を把握することが可能です。「頑強、頑丈な家づくり」をめざすフォーライフにとって、構造計算が義務づけられていない案件も含めて全棟での実施は必要不可欠の行動です。こうした地道な努力によって、お客様に安全で、安心できる生活をお届けしています。

2

  高気密・
高断熱

効率的な
湿度・温度管理で、
夏は涼しく。冬は暖かく

気密性・断熱性でも高い水準にあり、国が定める「温熱環境・エネルギー消費量に関すること」における「断熱等性能等級」では、最高ランクの「等級4」をクリアしています。高気密・高断熱のメリットは、屋外の暑さ・寒さをシャットアウトすることにより、年間を通じて住居内全体を快適な環境を保つことができる点です。とくにバス、トイレ、廊下などの寒暖差を和らげることにより、急激な温度変化を解消できるため、健康面で大きなメリットがあります。また、省エネルギー性も高く、光熱費の縮小はもちろん、CO2排出量の低減にもつながるため、地球環境にも優しい住宅といえます。

CONCEPT

3

木造軸組パネル工法

地震や災害への強度と、
デザインへの自由度を
併せ持つ工法を採用

柱や梁などの軸材を組んで骨組みを構成する軸組工法に、耐力壁としてのパネルを組み合わせた「木造軸組パネル工法」を採用しています。これは「モノコック構造」ともいわれ、もともと航空機の機体設計に活用されてきた技術です。木造軸組工法は、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部、広い空間づくりが可能で、自由度の高さに特長があります。一方、パネル工法は、面を組み合わせる箱形の構造で、地震や台風など外からの力に対して高い強度を発揮します。軸組工法、パネル工法それぞれのメリットを取り入れた進化型の木造軸組工法といえます。

CONCEPT

4

耐震剛床

地震に最も強いとされる
床組工法

フォーライフでは、床と構造体とを強力に一体化した「剛床工法」を採用しています。これは、地震に最も強いとされる床組工法で、木造軸組パネル工法をより強固にするために欠かすことのできない技術的要素となっています。剛床工法では、十分な厚さをもった床下地合板を使用し、梁材に直接留め付けることにより、構造体と一体化を図っています。そのため、地震や台風の際に発生する水平力に対して強度・耐性を発揮、建物の安定性をよりいっそう高めます。

CONCEPT

5

ベタ基礎工法

建物を地盤全体で支える
頑強な基礎

フォーライフが採用する「ベタ基礎工法」は、建物・構造を地盤面全体で支える工法です。建物の荷重が一部分に集中することなく、面全体に均等にかかるため、不同沈下が起こりにくいという特長があります。また、地盤面や基礎の立ち上がりを鉄筋で頑丈に組み、全体をコンクリートで覆って仕上げるため、高強度を実現する工法でもあります。さらに、基礎と土台の間には「基礎パッキン」を施工。立ち上がりのコンクリート部分に換気口を開ける必要がなく、耐力を維持しながら基礎内の換気を促し、カビやシロアリから大切な住まいを守ります。

CONCEPT

6

地盤調査

全棟でサウンディング
試験を実施

着工前には必ず「スウェーデン式サウンディング試験」による地盤調査を実施しています。これは、戸建住宅や小規模建物の 地盤強度を調査する方法として最も普及している方法で、専門の機器により土の硬軟・抵抗力、締まり具合が確認できます。必要に応じて適切な地盤改良工事を行い、地盤を強化していきます。着工前に綿密な地盤調査を行うことで、完工後に不同沈下などによる傾斜が起こらぬよう、大切な住まいのトラブルを未然に防ぎます。

お問い合わせはこちらから