お問い合わせ/資料請求
2015年入社山下直也
分譲住宅営業

土地の仕入れは人と人の関係構築。


フォーライフの競争力の高さが


営業活動の後押しに。


分譲住宅営業の役割

不動産仲介業者から分譲宅地に向いた土地を適正な価格で仕入れ、ニーズを捉えた住宅を計画・販売することが、事業成功のポイント。そのため、分譲住宅営業は土地仕入れに軸足を置いて活動しています。当社のプランとお客様の需要がマッチすれば、住宅の完成前にお客様から購入契約をいただけます。

INTERVIEW
  • 入社動機

    入社前はいわゆるフリーターでしたが、結婚を機に正社員になろうと決意。不動産営業を志望したのは、未経験でも努力と能力次第で活躍できると知ったから。業界でも珍しい休日の多さや社風が魅力で、当社へ入社。

  • 営業先でフォーライフの
    競争力を感じる

    分譲住宅用の土地を仕入れるルートは様々。地主さんと懇意にしている地場の不動産屋や、土地売却に関する情報を持っている金融機関の他、最近はネットでも情報を得ることが可能。 とはいっても、価値のある土地を極力安く入手するためには、いち早く有益な情報をいただけるよう、不動産仲介業者との関係性を構築することが重要。 フォーライフのアドバンテージは、狭い土地や変形地でも、魅力的な住宅を完成させられる高い設計力と蓄積された施工管理技術。特に神奈川県内の不動産仲介会社には、「この土地はフォーライフさんにお任せするしかないな」という定評が浸透していますし、未開拓の取引先が多い東京の城南地区でも、分譲実績をいくつか紹介すれば例外なく話に乗ってもらえます。競争力を持って商談に望めるのが強みです。

  • やりがい

    自ら築いた
    仕入れルートが実を結ぶ

    入社後しばらくは、先輩社員に同行し、商談の進め方や毎日のスケジュール管理について学びました。そこで先輩社員と取引先担当者との信頼関係構築にも触れることができました。 先輩から一通り学んだ後、私は新規の不動産仲介会社を1件1件訪問しました。足繁く訪問する事で、顔を覚えてもらい、時にはお昼ご飯をご一緒することも。 そのうち徐々に、「相場以下でも良いから早く土地を手放したがっているオーナーさんがいる」といったような、貴重な情報をいただけるように。入社から3年が経った現在は、自身が開拓した取引先から得られる情報を中心に、仕入れ業務を回せるようになりました。 当社が企画・建築した分譲住宅の販売は、有益な土地情報を提供してもらった仲介会社にお願いするのが基本。自社設計、自社施工管理の当社物件は商品力の高さで販売していただけますし、スムーズに販売できたら互いに利益を得られ、仲介会社の担当者との絆も深まります。

  • 仕事が充実しているから
    休日も心置きなく楽しめる

    責任

    今では自身の業務フローも確立でき、営業成績も安定、仕事の手応えを感じられるようになりました。社内の設計担当・施工担当と協力して企画・建築を進め、自分の仕入れた土地に家が完成すると、仕事の実感が沸いてきます。 加えて、売買契約や完成立会いの際に、実際に住宅を購入されたお客様とお会いできる楽しみもあります。新居に住む日を心待ちにされているお客様を見て、この仕事を選んで本当に良かったと感じます。 また、休日も充実して過ごせているのは仕事に満足しているからだと思います。日曜日は妻も休みなので一緒に出かけることが多く、水曜日は私一人の休日なので、幅広いジャンルの本をじっくり読んで過ごしています。そこで英気を養い、翌日からの商談にのぞむというパターンが多いですね。 平日はしっかり働き成果を出して、休日はメリハリをつけて休む、というフォーライフの働き方が自分には合っている気がします。

INTERVIEWS

将来の先輩が、入社を決めた経緯から自分の職種のこと、成し遂げてきた仕事や会社の雰囲気を語りました。

お問い合わせはこちらから