お問い合わせ/資料請求
2016年入社加藤秀幸
設計

毎回異なる建築条件に、


設計士として
チャレンジし続けています。


設計の役割

注文住宅の設計担当として、施主であるお客様との打ち合わせを重ね、住まいのプラン(間取り、デザイン、仕様等)を具体化していく。お客様のライフスタイルや住居の要望をしっかりと受け止め、土地や予算などの条件も加味しながら、心から喜んでいただける詳細設計を実現する。

INTERVIEW
  • 入社動機

    前職も戸建て住宅の設計士です。フォーライフを新たなステージに選んだ理由は、設計士としての幅を広げられると考えたことと、成長中の会社に設計士として貢献できることがたくさんあると考えたからです。

  • お客様に選ばれる理由は、
    想いを最大限汲み取ること

    フォーライフにおける注文住宅設計の特徴は、営業担当と密に関わりながら進めることだと思います。当社の設計部は『お客様に理想の住宅をご提案したい』という営業の強い想いを共有、互いに協力し合いながら業務を進めています。 私の業務は基本的に、注文住宅をご契約いただいたお客様に対して、要望を詳細にお伺いし、お客様の理想の家を、設計を通して形にすること。お客様の期待に応えられた時は、確かな手応えを感じます。 完成後の立会いの際、お客様に「この家に早く住みたい!」と言っていただいた時には、設計士としてやりがいを感じました。

  • やりがい

    設計士としての力量が
    試される案件が多い

    当社の注文住宅事業は、横浜市・川崎市・東京23区を事業エリアとしております。このエリアは土地の価格が高く、建物にかけられる予算に限りがあるお客様も多くいらっしゃいます。また、都市部ならではの狭い土地や、変形地での建築依頼も多くありますが、他社が二の足を踏むような条件の土地でも、当社は設計の工夫で乗り越えてきた実績が数多くあります。 例えば、奥行きを感じさせる間取りで限られた空間を広く見せたり、一般的な間取りから大胆に離れることで無駄なスペースを無くしたりするのは、まさにフォーライフの得意とする所です。全く同じ条件の案件はありませんし、お客様の想い・要望も異なります。当社の設計士は、どの案件にも知恵を振り絞って挑んでいます。

  • 家づくりも、会社づくりも、
    考え抜く毎日

    責任

    難しい条件を知恵と工夫でクリアし、お客様にご満足いただける家を設計する。このことだけでも、当社で設計の仕事をすることに大きなやり甲斐を感じられます。 さらに、フォーライフが成長中の企業であることで、私自身も前向きになれています。組織が大きくなっていけば、それに合わせて業務フロー上のルールを見直す必要が出てきます。加えて業務効率も求められます。この仕組みづくりを進めることも刺激的で、会社発展のために重要な役割を果たしていると感じられています。 そんな中身の濃い毎日を送る一方、オフタイムを充実させやすいのも、フォーライフの魅力だと思います。会社の支援制度も活かして一級建築士の資格取得に挑戦、自身と会社の成長に繋げて行きたいですね。

INTERVIEWS

将来の先輩が、入社を決めた経緯から自分の職種のこと、成し遂げてきた仕事や会社の雰囲気を語りました。

お問い合わせはこちらから